Wonder Art Productionのスタッフが綴る、日々の出来事やニュースなど

3月 2014

国立新美術館で『イメージの力―国立民族学博物館コレクションにさぐる』が開催中です。

民博の膨大なコレクションから選りすぐられた逸品が紹介されている展覧会。

Wonder Art Productionが03年から05年にかけて

民博や岡本太郎美術館を巡回した『アフリカのストリートアート展』。

アフリカの各地で発掘し、展示され、その後民博に収蔵された作品も数多く出展されています。

 

「イメージ」とは何か?

その力にせまる大変興味深い展覧会。

6/9(月)まで開催されています。是非足をお運びください。
http://www.nact.jp/exhibition_special/2013/power_of_images/index.html

 

これは一体なんでしょうか?

答えは展覧会場で!

 

 

カナダの環境アーティスト、Ingrid Koivukangasさんが発行するWEBマガジン

『Eco Heart Magazine』に代表高橋の記事が掲載されました。

http://www.ecoheartretreats.com/spring14/ (P21-23)

ホスピタルアートや子どものための環境とアートのプログラム、

東北での活動について綴っています。是非ご覧下さい。

 

★2009年に開催した『森のアート海のゲイジュツ PART9 ~FEEL THE EARTH~』で

子どもたちのナビゲーターとして来日してくれたIngridさん。

植物を使った繊細で美しい作品から屋外の大規模なインスタレーションまで

大自然をモチーフにさまざまな表現で世界的に活躍しています。

http://www.ingrid-koivukangas.com/

 

アートと子どもの総合情報サイト

『アーティスト×こども』(「トヨタ・子どもとアーティストの出会い」情報サイト)に

代表高橋のコラムが2回にわたり掲載されました。

 

【1回目】 日常を取り戻すアートから 未来を創るアートへ

      http://artists-children.net/column/2013/10/post-4.html

【2回目】 ホスピタルアート ~命の現場でアートする意味~

      http://artists-children.net/column/

 

10年間にわたり取り組んできた「ホスピタルアート」の歴史と、活動に込めた思い。

そして「ホスピタルアート」の実績をもとに被災地で行うプロジェクトについて

その思いを綴っています。

是非ご覧下さい。

 

活動初期のホスピタルアート「ハートフルプロジェクト」(埼玉県済生会栗橋病院/2003年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭に戻る